当社の事業活動そのものがステークホルダーも含めたCSR活動です。

CSR

アセットアソシエイツは「Re-Asset、Re-New! 資産を見直して、新しく使う!」
を合言葉に情報機器のリユース・リサイクル技術で社会貢献します。

当社のCSR活動の核は「コンプライアンス、コーポレート・ガバナンス」です。
この核を基本方針とした「IT資産の持続可能性を探求するサービス」は
「新しい価値の創造」を産み社会貢献に繋がります。

CSR活動の核の図

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)、通称「グローバル・ゴールズ」とは、2015年9月の国連サミットで採択された、2016年から2030年までの国際目標です。
その内容は、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。
先進国を含む全ての国に適用される17の目標と169のターゲットから構成されています。
当社は、社会のニーズ・要請に応え、CSR基本活動方針に沿った取り組みを通して、課題の解決に貢献することを目指します。
世界を変えるための17の目標の画像

CSR活動から産み出される価値

  • 高齢者雇用の写真

    高齢者雇用

    高齢者を積極的に採用することにより地方の空洞化対策、地域の発展に貢献する「地方」を有効活用した経営を実践してまいります。

  • 資源リサイクルの写真

    資源リサイクル

    当社のリユース・リサイクルサービスをご利用いただく事は天然資源の保全、限られた資源の効率的管理に繋がります。

  • 自然保護活動の写真

    自然保護活動

    廃棄物を減らし自然環境の保護を目指します。また、当社のサービスをご利用いただくと「公益財団法人 日本自然保護協会」に自動的に寄付金が納付されます。

その他の寄付活動

寄付先 寄付内容
2019.07 Shree Madan Aashrit Adarsha Basic School 
ネパールの首都カトマンズにある生徒数200名ほどの小中学校に寄贈しました。
現在、先生達に使っていただいています。
ノートPC 3台
Shree Kalika Basic School 
ネパール大震災被災地のShree Kalika Basic School に1台追加で寄贈しました。
ノートPC 1台
PCN Kathmandu 
首都カトマンズでネパールの子供たちにコンピュータープログラムを教えるために現地の皆さんと設置した教室に寄贈しました。
現在、講師になってくれた学生が学校で開催する講習会で寄贈したノートパソコンを使っています。
ノートPC 3台
Shree Madan Aashrit Adarsha Basic School
Shree Kalika Basic School
PCN Kathmandu
2019.06 日本自然保護協会 活動費 226,710円
2018.12 日本自然保護協会 活動費 189,320円
2018.07 多言語支援センターかながわ かながわネパール人コミュニティ相談窓口プロジェクト ノートPC 1台
2018.06 ネパール カンドバリ チャンダンプール村 ノートPC 2台
2018.06 日本自然保護協会 活動費 176,510円
2018.04 ネパール シンドゥパルチョーク州 musure村 Shree Kalika prymary school
生徒数約60名、2015年に発生したネパール大地震の震源地の学校です。
ノートPC 1台
ネパール マカワンプワール郡 Tistung村 スリジャナタ小学校
生徒数170名、ネパール大震災により校舎が半壊しています。
ノートPC 1台
ネパール khandbari Chandanpur SHREE JANATA SECONDARY SCHOOL
小学校から高校のでの生徒600名の被災学校です。
ノートPC 1台
ノートパソコン寄付の写真 ノートパソコン寄付の写真 社長の写真
2017.12 日本自然保護協会 活動費 243,290円
2017.04 日本自然保護協会 活動費 200,000円

お問い合わせはこちら

048-967-2910