高度な工程管理、作業品質が「信頼の証」です

パソコン出張データ消去サービス

パソコンやサーバなどで使用している記録装置・媒体(HDD・SSDやバックアップ用テープ)の処分に関して、高度なセキュリティーポリシーを設定しているお客様は、データ消去前の持出しを禁止しています。
「パソコン出張データ消去サービス」は、情報漏洩や作業コストなどお客様のお悩み、ご心配を解決するために、作業全般を効率化してセキュア・短期間・低コストを実現したオンサイト(現地)でのデータ消去及び破壊処理のサービスです。

SSD(Solid State Drive)の破壊処理

SSDの物理破壊は、基板の状態まで分解してICチップにドリルで穴をあける方法を採用しておりますので、記憶装置のシリアル番号が確認できる証明画像を提出します。

報告書画像 報告書画像
穴あけ画像 穴あけ画像

消去基準

米国国立標準技術研究所規格「NIST800―88」が主流の消去基準です。

機密度 抹消ランク 抹消方法 情報の種類 対象
Destroy(破壊) 物理的破壊 行政、官公庁に属する情報のうち高度な機密性を持つ情報など 企業・法人・官公庁の機密性の高いサーバー等
Purge(除去) 上書き消去
磁気消去
暗号化
個人情報、企業秘密、知財情報、経営情報など
Clear(消去) 上書き消去 個人のプライバシー、企業・法人の業務関連情報など 個人用PC
企業・法人の通常業務用PC
暗号化オフト使用PC

HDDの場合

Clear(上書き消去)
府機関の承認を受け、その有効性が確認されている上書き技術/方法/ツールを使って媒体の既存データに対する上書きを行う方法
米国国防省規格(DoD規格)等として従来から多く用いられている方法
Purge(上書き消去)
ATAコマンドの「Enhanced SECURITY ERASE UNIT」を使用する方法(Enhancedモードがサポートされていない媒体の場合は Normalモード)

SSDの場合

Clear(上書き消去)
ATAコマンドの「SECURITY ERASE UNIT」を使用する方法
政府機関の承認を受け、その有効性が確認されている上書き技術/方法/ツールを使って媒体を上書きする方法
Purge(上書き消去)
ATAコマンドの「BLOCK ERASE」を使用する方法

消去基準

米国国立標準技術研究所規格「NIST800―88」が主流の消去基準です。


  • ソフトによる上書き消去

    日本ITAD協会(JITAD)認定データ消去ソフトを使用して記憶装置(HDD、SSD)に固定データを上書きすることにより消去します。

    残存リスク
    不具合やケーブルの接続ミスなどでソフトウェアに認識されない記憶装置や人為的ミスにより未消去になる可能性があります。

  • 専用装置等による物理破壊

    破壊装置やドリルを使用して記憶装置(HDD、SSD)を物理的に破壊してデータを読み出し出来ない状態にします。

    残存リスク
    本体からの取り忘れなどの作業ミスや人為的ミスにより未消去になる可能性があります。

  • 専用装置による磁気消去

    磁気データ消去装置を使用して直流強磁場をハードディスクなどの磁性体に照射して記録されているデータを完全に消去・破壊します。

    残存リスク
    外観に変化がないため作業漏れや人為的ミスにより未消去になる可能性があります。
     

消去方法の比較表

方法 ログ 写真 時間 コスト
物理破壊 不可 可  中時間 中間
磁気消去 可  不可 短時間 安い
上書き消去 可  不可 長時間 高い
HDD SSD
物理破壊 適  最適
磁気消去 最適   
上書き消去 可  適 

データ消去の対象物と消去方法について

対象機器

サーバー、ワークステーション、ストレージ
サーバー、ワークステーション、ストレージは、ソフトウェア消去、物理破壊消去、磁気消去で消去します。通電しなかったり、パスワードロックのかかった機器はHDD、SSDを抜き出して物理破壊や磁気消去(SSDは含まない)で消去します。
パソコン
デスクトップ、ノート、一体型PCなどの機器は、ソフトウェア消去、物理破壊消去、磁気消去(SSDは含まない)が消去します。通電しなかったり、パスワードロックのかかった機器はHDD、SSDを抜き出して物理破壊や磁気消去(SSDは含まない)で消去します。
スマートフォン・タブレット
スマホ・タブレット端末(Android、iOS)は、モバイル専用の消去ソフトで消去します。Android、iOS、その他全てのタブレットのデータ消去に対応しています。
通電しなかったり、パスワードロックのかかった端末は、物理破壊します。
メモリ媒体
USBメモリやSDカードなどは、ソフトウェア消去、物理破壊で消去します。
テープ・メディア媒体
LTO、DAT、FDDなどのメディアは、磁気消去、破砕処理で消去します。

使用機器

  • MW-15000(アドバンスデザイン社)

    MW-15000外観
    使用機材 MW-15000(アドバンスデザイン社)
    外観 MW-15000外観
    電源仕様 AC100V 50/60Hz
    消費電力 1,000W (最大)
    外形寸法 264(W)×240(H)×454(D)mm
    質量 17.5kg
    その他 周囲1m以内の磁気媒体、電子機器に影響を及ぼす可能性がある
  • MW-30000(アドバンスデザイン社)

    MW-30000外観
    使用機材 MW-30000(アドバンスデザイン社)
    外観 MW-30000外観
    電源仕様 AC100V 50/60Hz
    消費電力 1,500W (最大)
    外形寸法 550(W)×463(H)×670(D)mm
    質量 143kg
    その他 周囲1m以内の磁気媒体、電子機器に影響を及ぼす可能性がある。
  • DB-50PRO(日東造機社)

    DB-50PRO外観
    破壊サンプル1破壊サンプル2
    使用機材 DB-50PRO(日東造機社)
    外観 DB-50PRO外観
    電源仕様 AC100-120V 50/60Hz AC220-240V 50/60Hz
    消費電力 500W (最大)
    外形寸法 220(W)×460(H)×380(D)mm
    質量 37kg
  • FLASH ERACE

    FLASH ERACE
    電源仕様 対象機器パソコン/サーバの仕様
    消費電力 対象機器パソコン/サーバの仕様
    外形寸法 対象機器パソコン/サーバの仕様
    質量 対象機器パソコン/サーバの仕様
    その他 電源容量、作業場所により複数台の並列消去作業が可能

サービスの流れ

  1. 弊社技術者(作業者)が事前お打合せに伺います。

    1.弊社技術者(作業者)が事前お打合せに伺います。

    弊社技術者より各項目の確認、ご説明に伺います。

    • お客様のセキュリティー要求の確認
    • 作業物件の確認
    • 作業場所、環境の確認
    • 作業内容、工程のご説明、ご提案
  2. お見積りの提出

    2.お見積りの提出

    ご依頼内容を反映した御見積書を作成します。
    (個別見積)

    • メール、FAX、郵送にて送付します。
    • 発注可否をご連絡下さい。
  3. 作業日程の調整

    3.作業日程の調整

    お客様のご希望日程を考慮し、弊社内にて作業日程や作業手順を調整します。
    (作業員、車両、機材、作業手順)

    • メール、電話にて作業日程をご連絡します。
  4. 「パソコン出張データ消去サービス」のご提供(実作業)

    4.「パソコン出張データ消去サービス」のご提供(実作業)

    お客様ご指定場所にてデータ消去作業を実施します。
    お客様立会いは必須ではありませんが、要所で作業の確認をお願いする場合があります。

    • 作業後の確認、書類へのサインをお願いします。
  5. データ消去作業完了報告書のご提出(郵送)

    5.データ消去作業完了報告書のご提出(郵送)

    お客様指定の形式で「データ消去作業完了報告書」を作成します。

※ 本サービスは、「パソコン無料出張・買取サービス」、「リースパソコン返却サービス」と組合わせる事で高セキュリティ且つ効率の良い「IT機器の処分」、「リースパソコンの返却業務」を実現できます。

お問い合わせ

048-967-2910

お問い合わせはこちら

048-967-2910