smart recycle

分解・解体処理の効率、情報漏えい問題にも着目し、美しいリサイクル、コア部分には徹底したセキュリティ処理を実施します。

理念

ビジョン

IT資産のサステナビリティ(持続可能性)を探求する

ミッション

「Re-Asset、Re-New! 資産を見直して、新しく使う!」
を合言葉に、環境とセキュリティに配慮したIT資産の
再利用(リユース)・再資源化(リサイクル)を推進する。

理念チャート

代表者の挨拶

伊藤 修司 写真
株式会社アセットアソシエイツ
代表取締役社長  伊藤 修司
(一般社団法人 情報機器リユース・リサイクル協会 理事)

みなさん、「リサイクル」を意識していますか。

日本は資源小国と言われておりますが、実は都市鉱山という観点から見ると世界有数の資源大国でもあります。その都市鉱山から効率よく資源を回収するには、リサイクルがうまく機能していなければなりませんが、そうとは言えないのが現状です。

原因の一つは、リサイクルに費用がかかるということです。消費者のみなさまにリサイクルは必要だと思っていただけても、費用をかけてまでとなると、なかなか難しいというのが本音のところです。

そこで、日本のリサイクルを推進するには、費用のかからない、しかも手間いらずのリサイクルサービスが必要であると考え、「パソコン無料出張買取サービス」を始めました。

おかげさまでご利用されたお客様から大変ご好評をいただき、このサービスを拡めることが当社の使命であり、まさに社会貢献につながるとの思いから、従業員全員でサービス提供のために邁進しております。

また、国内における地方の空洞化問題にも着目し、大都市から排出されるIT資産の再資源化事業を三重リサイクルセンター(三重県津市)で実施することによって、地方の雇用を創出し、地域の発展に貢献することで「地方創生」にも考慮した経営を実践してまいります。

日本の未来の単に企業の社会的責任として
社会的課題を事業家してきた当社がソーシャルビジネスのリードオフマンとなって果たすべきこと
やる気を出している社員

「やる気」を大事にした経営

当社は、資金も信用も無いところからはじめ、頼れるものは自分の「やる気」だけでした。

その「やる気」を唯一の武器に、粘り強く営業活動を続けた結果、応援して下さるお客様が1社、2社と増えていき、今の当社があります。

その応援して下さるお客様の期待に応えられるように、常に「やる気」という情熱をもって仕事に邁進することが当社の基本精神です。

経営者はもちろん、従業員一人ひとりが精一杯努力し、みんなが働いてよかったと思う会社、お客様が応援したくなる会社でありたいと考えて経営しています。「やる気」を大事にした経営、ここに当社の原点があります。

高齢者を採用している様子

「地方」を有効活用した経営

昨今、中古品の多くは国内でリユース・リサイクルすると採算が合わないとの理由で大量に輸出されております。特に中古IT資産は安易に輸出される傾向がありますが、当社は国内での再資源化(金属リサイクル)にこだわってまいりました。

大都市から出てくる中古IT資産を国内で再資源化(金属リサイクル)する。地方のコスト競争力を有効活用することにより、採算が合うリサイクル事業を構築することは可能であり、レアメタルをはじめとした希少金属の海外流出対策としても国内リサイクルは非常に重要な事業であると考えております。

三重リサイクルセンター(三重県津市)では、高齢者を積極的に採用することにより地方の空洞化対策、地域の発展に貢献する「地方」を有効活用した経営を実践してまいります。

アセットアソシエイツ公式 facebook